HOME制度センターへようこそ ≫ センター主任挨拶

センター主任挨拶

Kumo.jpg
経済制度研究センター(CEI)は、2000年4月に、経済制度、特に日本およびアジア諸国の経済制度の基礎研究を体系的に行うことと、その研究のための 国際的ネットワークの中心となることを目的として、一橋大学経済研究所の付属施設として設置されました。当初の研究テーマは、「日本およびアジアの金融システムとコーポレート・ガバナンス」に設定されました。このテーマの下にCEIでは、金融理論、新しい経済制度理論および経済発展論の接点において研究を進め、十分な研究成果を得て、2005/06年度をもって最初の段階を終えました。
 
 代わって2006年4月からは、「東アジア企業のパフォーマンス比較」、「ファミリー企業研究」、そして2008年4月からは「企業・産業のダイナミクス の実証研究」の3つのテーマを設定し、研究を進めてきました。CEIは、日本およびアジアのコーポレート・ガバナンス、企業システムのデータベースの構築 整備および生産性の計測を行なうとともに、研究ネットワークを構築してきました。
 
 CEIの研究活動が新たな10年間に入った2010年4月、スタッフにも大きな変更があり、これまでの研究テーマに加えて、「アジア・アフリカ低所得国における経済発展と制度」という重点研究テーマを新たな柱に加えることにしました。これに関連して、科学研究費(基盤S)プロジェクト「途上国における貧困 削減と制度・市場・政策:比較経済発展論の試み(PRIMCED)」(研究代表:黒崎卓)が2010年6月から5年間に亘って実施されました(http://www.ier.hit-u.ac.jp/primced/)。 
 
 引き続き2016年4月、再度プロジェクトベースでの大きなスタッフの変更を行い、「新興国における経済システムの比較制度分析」が主要研究テーマとなりました。新興国の成長過程は,経済規模の決定に人口規模が大きな影響を与える時代の再来を示唆します。人口規模が経済規模と直結する形で近年その発展が注目されるようになっているロシア・中国・インド等、そして南アジア・アフリカ諸国等の新興国の統合的な理解のためには、検討対象国経済の市場構造と、それを支える制度や組織をより正確に把握することが必要であるという認識に基づくものです。
 
 同時にCEIでは、研究の継続性も重視しております。過去10年のCEIの研究成果は、多くの書籍、論文、ワーキング・ペーパーの刊行と、世界レベルにまで拡大したネットワークの構築、そして日本およびアジア企業の独自のデータベース構築という形で蓄積されています。これらの維持、更新を進め、新たな研究 テーマと有機的に結びつけていくことにより、内外における研究者コミュニティの共同研究拠点・ハブとして機能し発展することを目指す所存です。
 
 今後ともCEIの活動への一層の御支援と御助言を賜ることができれば幸甚です。
 
センター主任  雲 和広 (くも かずひろ)