HOME » 研究会 » セミナーシリーズ » 第33回セミナー / 共同利用・共同研究拠点(主催)/産業・労働ワークショップ/現代経済システム研究センター/経済発展研究会/経済制度研究センター/国際交流セミナー(協賛)

第33回セミナー / 共同利用・共同研究拠点(主催)/産業・労働ワークショップ/現代経済システム研究センター/経済発展研究会/経済制度研究センター/国際交流セミナー(協賛)

日時 2018年3月22日 (木) 10:00-18:00  
場所 経済研究所 3階 大会議室
概要
Health, Development and Labor Workshop
Speakers and Presentation Titles:
1. Kensuke Teshima (ITAM)
“Offshoring Health Risks: The Impact of the U.S. Lead Regulation on Infant Health in Mexico”
2. Teresa Molina (University of Hawaii, Manoa) “Helping Children Catch Up: Early Life Shocks and the Progresa Experiment”
3. Masaru Nagashima (GRIPS)
“Pregnant in Haste? Evidence of Reproductive Behaviours in Uganda”
4. Grant Miller (Stanford University)
“Population Policy, Fertility Decline, and Sex Selection: New Evidence from China under Mao” 
5. Meng Zhao (Gakushuin University)
“Health-Related Income Gaps and the Effectiveness of Redistributive Policies in Japan”
6. Tim Halliday (University of Hawaii, Manoa) “Intergenerational Transfers of Health”
7. Hiroaki Mori (Hitotsubashi University) “Childhood Health and Lifecycle Human Capital Formation"
主催 / 共催 共同利用・共同研究拠点(主催)/産業・労働ワークショップ/現代経済システム研究センター/経済発展研究会/経済制度研究センター/国際交流セミナー(協賛)
幹事 森口千晶(経済研究所)、神林龍(経済研究所)、森啓明(経済学研究科)、有本寛(経済研究所)