HOME制度センターへようこそ ≫ 国際的ネットワーク

国際的ネットワーク

これまでのCEIの研究成果は、多くの書籍、論文、ワーキング・ペーパーの刊行と、世界レベルにまで拡大したネットワークの構築、そして日本およびアジア企業の独自のデータベース構築という形で蓄積されています。これらを通じて、内外における研究者コミュニティの共同研究拠点・ハブとして機能し発展することを目指しています。

ネットワークという点では、国際会議、ワークショップ、セミナーや研究者招聘プログラムを通じて、経済発展における制度の役割や金融・企業システムに関する研究者との国際的ネットワークの拡張に力を入れています。2014~16年度の3年間で、CEIセミナーが77回開催されました。同期間の外国人客員の招聘を見ると、University of Queensland、National University of Singapore、University of Adelaide、中国社会科学院経済研究所 などから18名の客員ファカルティーを受け入れ、共同研究を進めました。主な国際会議としては、科学研究費基盤(S)との共催による "Poverty Reduction, Institutions, Markets, and Policies in Developing Countries" 会議(2015年1月)、一橋大学共同利用・共同研究拠点との共催で、国際会議"Frontier of Transition Economics"を開催しました。これらの国際会議には、当該分野の第一線で活躍する国内外の研究者が多数集まり、質の高い議論を行うことができました。

データベースという点では、「大株主・役員データベース2012」として、日本の上場企業の大株主および役員(取締役・監査役)の詳細なデータを公開するに至り、既存のデータベースにない情報を提供するものとして高く評価されています。また、「東アジア上場企業データベース2010」として、日中韓の全上場企業(金融セクターを除く)を対象に、企業レベルの生産性を測るのに欠かせない各種データを、日本経済研究センターのホームページにて公開しています。